So-net無料ブログ作成
前の3件 | -

10月 & 小さな希望 [Everyday life]

今日は台風が心配な関東地方。

友人たちが色々と備えているのを(SNSで)見て、これまでよりも大きな被害が想定されているのかと思い心配です。

何事もなく、無事に通りすぎますように、九州からお祈りしています。


そんなときに、あまりふさわしくないのかもしれませんが... 久しぶりの更新です。



あっという間に、もう10月も半ば近くとなりましたね。

挙げようと思いアップロードしていた写真から(なのでちょっと、夏っぽいですが...)↓



最近わが家で人気の場所、ティピ。


19D406E9-9DF6-4F39-A0C2-5B65D989A304.jpeg


引っ越したらまず欲しいものリスト No.3には入ってたと思うのですが、買い物って面倒なため、つい伸ばし伸ばしになっていました。

本来、月ちゃんがゆっくり休める&冷房よけ、が目的だったのですが、ちょっと狭いらしく。

しかも...


345A52D8-0008-4F30-9254-223623CBA2FB.jpeg



三ちゃんという傍若無人な存在は、このティピをすっかり自分のものにしてしまいましたw

でも最初の写真の通り、時々月ちゃんも思い起こしたかのように、入っています。



夏といえば、パフィーズの新商品サマーブースターは大好評で再製造をするまでのヒットとなりました。

「やっぱり買っておけばよかったです... もう製造されませんか?」というご連絡なども多々いただいて(ありがたいことです)、来年はもう少し多めに製造予定です。


0F22CB27-6AB2-4DC3-A1AE-981FF0AAD7A8.jpeg


F24DF505-EB13-4803-8CF3-CE919A4FC3C3.jpeg


暑い夏、熱気や湿気を逃がすハーブや、雷や花火といったワンには怖いことも多い季節に精神を安定させるハーブを入れていました。

なんと、これをあげて本当に落ち着いたというワンコの飼い主さんからフィードバックをいただいたそうで(!)、嬉しい限りです。

これは実は、暑がりで雷や雨が本当に怖かった先代犬パフィーや、お友達ワンコを見ていて私がリクエストしたもの。

パッケージも、できるだけさわやかにと、月ちゃんが海辺でビールでも飲んでいそうなものにしましたw


そして、すでに2度行った、福岡の繫華街「今泉」でのビンテージショップでのポップアップ。



ADBB3442-0C91-4B63-8984-337212F439B4.jpeg



ヨーロピアンビンテージのお洋服中心ですが、カフェもあり、ポップアップの日は許可をいただいているので、9月の時はワンたちもたくさん来てくれました。



そして...



A90888DE-3435-4395-97D7-CFC578E9628C.jpeg



泳がないけどw 海が好きな月ちゃんのため、海辺にも結構行っています。



あとはおなじみ...


15828FDF-3706-49CF-B1F3-563B846D4DE3.jpeg


おやつタイム。

三ちゃんも欲しがる時は、がぜん張り切る月ちゃんw

月ちゃん見てると、「子犬のころきょうだい達にもみくちゃにされたんだろうね」というマイクさんのせりふが浮かびます。



そして、すごい速さで忘れていってるヨーロッパ出張(汗)。

なんと!

Inchon 空港でチェックインの際、受付の女性、やたらと時間がかかっていたので「だいじょうぶ?」と聞いてみたら... 「Luckily, you're flyig in the first class」と言うではありませんか!


AAF1275F-1EDD-405B-824F-B3210B95A309.jpeg


写真では広さがわからないのが残念ですが、とにかくものすごく広い!フラットで寝れる!そして食事が陶器のお皿とちゃんとしたカトラリー!!


3FBC86D7-ED4B-425C-91BF-333CB479004E.jpeg


もちろんメニューにはシャンパンもあり、私は早速注文。寝てる暇もないくらいでしたw


おかげであまり疲れずに懐かしのロンドン到着。

ホテルも Waterloo 駅から少し下った便利で清潔なところ。


CB30D4B6-C1E0-41E9-B577-3A9C9E484BA5.jpeg



そして、私が来るというのを覚えていてくれた友人からメッセージが入っていて、会いに来てくれました。


9C741152-0B89-4700-B155-BBDFF0235B76.jpeg


London Eye が見えるホテルのルーフトップバーで乾杯。

そして翌日からは、怒涛のミーティング続きとなったのでした。

とりあえず、軽い話はここでおしまい。また、以下、つぶやき(というより頭の整理かな)ですので、軽くさわやかに退出されたい方はどうぞここでお願いします ↓

*********************

実は、かなり長いこと、言葉がないので造語ですが「生物多様性損失ロス」にかかっていました。

今英語圏では、気候鬱とか気候不安とか呼ばれるメンタルヘルスに関する症状がしきりに話題になっています。

このブログでも、いただくコメントなどから、環境問題に関する一般の方の意識がすごく変わってきているのを感じていますが、「気候」というのは便宜上のキーワードであり、つまり、「地球が危ない」ことに対して無力感や不安を抱いている、という状態のことです。

ちょうど、関連する日本語としては珍しい記事を見つけたので貼り付けます ↓

--------------------

「ルイス医師によれば、気候不安障害に悩む人々に手を差し伸べることは、失ったものに対する悲しみを後押しすること――生態系や、うしなわれた社会の未来――そして、自分たちが激動の時代に突入しつつあることを認めることでもあるという。「私たちは未知の世界へ向かっています。だからこそ、その過程で自分たちを守らなくてはならない。そしてほんの少し、自分に余裕を与えてやる」と医師は言う。「受け入れ難い情報を、全部一度に処理するなんてできません」」

Rolling Stone Japan, 「気候変動がメンタルヘルスに与える影響、米国内のケースをレポート」
https://news.mynavi.jp/article/20190520-827285/

-----------------------------------------------------

私の場合は特に、ずっと地球の生き物を守りたいと思い活動してきたこともあり、さすがに、冷静に地球の状態や人間の現在の傾向を観察した結果、「本当にもう(生物多様性に関しては)だめかもしれない」と感じ始めたころ、最初の造語「生物多様性損失ロス」にかかっていると自分で思ったわけです。

実際には1年以上続いていた、とても孤独で、悲しく苦しい期間でした。

環境保護の仕事をするときに特に、人に「〇〇していきましょう!」とインスパイアする立場である以上、これが非常にきつく感じました。



孤独、というと語弊はありますが、これは私の心の中のことであり、どんなに親しい愛する人でも、私と全く同じ価値観や考え方をしているわけではないので、生物多様性が失われることに私と同じような悲しみを同じくらい感じる人は、私の周りにはそう多くないことがわかっていたからです。

だから Mike さんを別にすると、誰にもほとんどこの話はしませんでした。

だから世の中から切り離されたような気持がしていたし、むやみやたらに地球のコストで消費に走る文化に怒りが沸いていました。



日常はなんとか機能はしていたし、時には本当に楽しかったりすることもあったんですが、1年と数か月の孤独で苦しかった期間。それが、やっと、ここ三週間くらいかな、浮上してきました。

どうやって浮上したか?

わかりません(笑)が、一つは、「その可能性を受け入れる」ことでした。

つまり、今の人類の進み方を見ている限り、少なくとも私が大切に思う生物多様性の保全というものは、よほどのコースチェンジがない限り、達成されないだろうということ。

オラウータンも、ゾウも、私が生きている間に絶滅してしまうだろう、たぶん、ということです。

そうなると、自棄になる、という場合もあるのかもしれませんが、私がそこで無気力になっても自棄にはならなかったのは、「それを認めるところからほんとに強くなれる」「小さな希望に積極的に目を向けるように」、という Mike さんのアドバイスのおかげだったかもしれません(しかし自分の家族ながら、この人の「賢い」ことにはいつも驚きます)。



それで、まず手始めに、パフィーズでやった上記のポップアップで、ハート形の寄付ビスケットなるものを自分で(!)焼いてみました。

寄付ってなかなか集まらないのはわかっていたけど、もっとうまくやれば小さな金額なら集まるだろうし、金額は小さくとも「気持ち」の表れにはなるのでやってみたいと思ったわけです。

その日は一人で6個も買ってくださった方もいて(1個200円、全部寄付)、私の「小さな希望」は灯された、ということです。

そういう人が周りにいるんだな、つまり、(自分と一緒に暮らしていない見知らぬ)動物にも優しい気持ちを持っている人が周りにいるんだな、ということが、とてもうれしかった日です。

子どもっぽいようですし、自己満足でもあるかもしれませんが、それを一緒にしてくださるパフィーズのお客様に、本当に感謝した日でもあります。

おかげで、保護犬ちゃんにお客様からの応援の気持ちのこもったサプリをお送りすることができます。



もし、私と同じように少しでも感じている方がいるなら、今私が言えることは、私たちはもっともっと根本的に価値観や人生観を見直しつつ、身近な自然やコミュニティをもっと大切にしていくことをするしかないのかもしれない、ということです。

価値観や人生観については、自分が本当に好きなモノを所有しているのはいいのですが、他人のためのモノの所有とか、〇〇がいい、〇〇がすごいの軸を、お金や社会的地位からずらしていくこと、なんですが。

これが、身近な自然に自分が浸ると、同時にできるという仕組み(笑)。

つまり、自然の中にいる自分は、持ち物も仕事も全然関係ないただの自分。

周囲に気を散らすものが多すぎる現代社会の中、自然に浸るといやでもじっくり自分を見つめる機会が生まれ、自分の中にはやっぱり地球がくれた脈々とした生命があり、他の生き物と自分がつながっていることを感じる。

ということです。

でも、こうして気候危機により、自然を楽しめる気候がどんどん少なくなってきたことは、心理的にも負のサイクルを生み出すんだなと実感。

だけど希望が全然ないわけでもない。

私の尊敬する生物学者で世界的に有名な進化論者のE.O. Wilson は、「Half Earth」という考えを提唱しています。

つまり、地球の半分を、野生生物(哺乳類だけじゃないですよ)のために確保するという考え。

今開発されているところにはコリドー(回廊)をつくって、彼らの生息地が広がるようにしてあげれば、地球はきっと回復する、という彼の言葉を、私は毎日復唱しています。

Nature heals us. Heal nature. (自然は私たちを癒してくれる。自然を癒そう。)というのが、私が作った合言葉。

地球を元気にするオーガニックハーブでワンニャンを癒す会社であるため、時々パフィーズのSNSにこれを出しています。


人間のすることに対する怒りや憎しみなどネガティブな気持ちは、いったん自分に認めつつできるだけさらっと流し。

希望を持つ。難しいけど、小さなことから。

みなさん、一緒に小さな希望を持ちましょう。

それにしてもこんな道のりを経ずに(ずっと以前に経てきたのでしょうが)そこにすでにたどり着いていた Mike さんは、私のセラピストであります(笑)。

本人はこういうと嫌がるんですが、ある意味 Healer (癒す人)なんだろうな。



小さな命を大切にする。そんなことを考えていたこの時期、Mike さんが以前からリサーチを続けていたシニアのための配合がちょうど完成しました。

シニア犬の穏やかな笑顔が、できるだけ続きますように。

今月中には、販売開始ができると思いますのでお楽しみに。製造が追いついておらず、まずは限定販売となりそうですので、ご予約されたい方はパフィーズのSNSやお問い合わせからお願いします。


IMG_0851 (Copy).jpg



私の instagram ↓


ins_icon.gif


パフィーズの instagram ↓

ins_icon.gif


CLICK! ↓

Black Swish-white logo (Copy).jpg




nice!(263)  コメント(5) 

お盆やすみに考えること [SDGs・サステナビリティ]

すっかり8月も半分過ぎ、毎日暑いとそればかりですね。


606AD34E-2B88-4D38-969B-8B1D766212D2.jpeg


でも我が家のガールズは二頭ともすこぶる元気。

日頃の健康管理のたまものでしょうw

暑くて外にいる時間がいつもより少ないためか、よくこうして遊んでいるのを見られるのはうれしいです♡


お盆は通常通り仕事をしている月ちゃん家、とはいえ、どこも混雑しているため出張はなし、外出も極力控えめにし、普段は片付けられない仕事をもくもくとしています。

海外も特にヨーロッパは8月バカンスの季節なので、メールの返信もしなくて大丈夫(ほんとかな?(笑))とばかり、現在ヨーロッパとの契約がある私もそちらのメールなどはチェックすらせず、今週は「考える」のが必要な仕事をやっています。

ヨーロッパと言えば、先月は出張に行っていました ↓



57F22AB1-D16D-4948-851B-3616703312F1.jpeg



プラハの写真ですが、どこもかしこも石畳のオールドタウン。

非常に足が疲れるのですが、比較的かちっとした格好が求められた今回。スニーカーを持っていくかどうか迷ったあげく、今回はロンドンープラハの移動も入っていたため、荷物を少なくするために断念。

観光で行かれる方はぜひ、底が厚くて歩きやすい靴もどうぞ。


547B5863-3DD0-402C-9820-7FC757CE80CD.jpeg



B3689D35-9351-47B5-8E63-9C9E037D2759.jpeg



こちらは仕事前に朝の散歩をした時の写真 ↑

ほぼ20年ぶりのプラハでした(なので前回のことはほとんど何も覚えていませんでしたw)。

美しいことこのうえなし!

ただし、観光客はものっすごく多いです。

私はやっぱり、ヨーロッパは秋から冬が好きかも。しっとりとした落ち着きが味わえます。

さて、以下はまたつぶやきですので、さわやかに退出されたい方はどうぞここで~。


****************************************

私のブログをずっと読んでくださっている方は、内容・文章ともに、変わってきたことは感じられるかもしれません。

何年か前までは、この場では、「自然を大切にしましょう」「動物のしあわせを考えましょう」というメッセージを多く発信してきました。

そのおかげでたくさんの方から(その頃はかなり頻繁に更新もしてましたので)共感いただき、ご縁がつながったりといいこともいっぱいありました。

その、「〇〇しましょう」の気持ちにまったく変わりはないのですが、今や自然保護も、そしてアニマルウェルフェアでさえ、そういう素地のある人はいくらでも情報を入手できるようになりました。

そして、「少し知識を得れば変わる人」ではなく、「全くそう思っていない人」にどうアピールするのか、が今の私には非常に興味深くなりました。

「〇〇はいけません」「△△しましょう」よりも、もしかしたら、もっともっと根本的なところでの呼びかけ(働きかけ)が必要なのではないかと思うようになり、今ずっと、生物学、自然生態学、哲学、倫理学、そして一番大切な心理学、の分野で自然と人間との関係について記述のあるいろんな本を読んでいます。

読んでいるうちに気が付いたことは、すべての分野において、当たり前のことですが自然というのは基盤をなしていて、学問はほぼすべて(一部の完全にメタフィジカルな論理を展開するものを除いては)人間と自然の関係や、自然界のルールを解明する、という目的に基づいているのだろうということ。

*追記:ちょうど『スモールイズビューティフル』を書いた E.F.シューマッハーが、すべての学問分野はメタフィジックス(形而上学)と倫理で形づくられる「中心」と結びついている、と書いている文章を再発見。となると、やっぱり究極はメタフィジカルなものになるということか...。奥が深くまだ思考が整理しきれません。*

心理学も、人間の心の働きを解明するものではありますが、実は脳神経学など科学の分野に最近は特にまたがっていて、それを読んでいくと自然界のことなのか、人間のことなのか、完全にきれいな境目はなくなっていくことに気がつきました。


話が変わるようですが、最近、とある問題について相談を受けていまして。

まだ私も事情がしっかり理解できないので詳しくは書けないのですが、要は動物の幸せをもっと考えてほしいという願いを持つ側があり、一方で動物の幸せというものの優先順位は自らの仕事をスムーズに運ぶうえでそれほど重要でない側がある(=自分の仕事やポジションに被害が及ばない範囲でのみ考慮する)、というシチュエーションです。

これは私もずっと自然保護や動物保護の仕事をしてきて何度もぶつかっている壁で、そして何度も燃料切れになる原因としては最大のものです。

自然保護や動物保護というのは、自分の努力がどの程度貢献したかの結果が見えづらいだけでなく、どちらかと言えば「後退している」分野でもあり、しかも多くの人は特に動物保護については「動物より人間が先」という向きが強く、一番「幸せを感じづらいプロジェクト」に入るようです。

もっと若いときには、「みんななぜこう思わないんだろう、いろんなことを知ればきっと変わるはず!」と思い込んでおり(笑)、本当に理解できなかったころもあります。

今は、立場上の理由、人生においてどんな地点にいるかの違い(年齢もそうだし遍歴の違いとか)、環境の違い、性格の違いと、いろんな要素があってそれぞれ違うポジションを取ることが(やっと!)本当の意味でわかりかけてきたかもしれません。

そう思うと、お互いのリクエストや希望を出し合っても、ボタンは掛け違ったまま進んでいくかもしれない、そしてそのことで動物のためにがんばっている若い人たちがエネルギー切れをしてしまうかもしれない、と思うと、なかなか確固たるアドバイスもしづらいところはあります。

これはいろんなことに当てはまり、例えば私がいつも書いている「犬種へのこだわりは犬を幸せにはしない」というポイントも同じです。

傍から見ると整合性の取れない選択をするように見える(つまりこの場合なら犬種に特定の遺伝的疾患があることを知っていつつもやはり犬種にこだわってしまう)、それが人間の持ついい意味でも悪い意味でもの曖昧さと生きていける特性なのでしょう。

それが、人工知能は人間にとっては代われないと私は個人的に思う理由です。

人間や生き物というのは、機会のように理路整然としておらず、同時に、かなりの矛盾や曖昧さを内包して綿々と続いてきた、サバイバルな存在なのです。

ただ、それをどれくらい理性で軌道修正し、カタイ言葉ですが「倫理的な」選択をするよう自分を持って行くことができるのか。

本来それが、カントの時代から言われる、人間が動物とは違う点、「人間が一番優れている」と人間が思っているベースとなる特徴なのですが。

ただ、倫理に基づく理路整然としたリクエストは、準備ができていない人に押し付けると、かえって逆効果な場合が多いのは、日本がいつまでも捕鯨や象牙消費を辞めないことでもわかります。

文化も、生物進化と同じで環境に合わせて発展してきたもの。ずっと停止したままではありません。

まあ、文化というのは言い訳の一つであって、おそらく利権とか、経済とか、単なる「プライド」の面はかなりあるのだろうと思います。

これからも何らかの「イシュー」を気に掛ける私たちは、まったく違う優先順位の中で生きる人たちに真っ向から関わっていくのか、同時自問自答しながらのろのろと進むしかないのでしょうね。

でも、そういう「イシュー」を持てる人間は、ある意味幸せでもあると、私はいつも思っています。

生きる意味とか、生きた証とか、そういうことに疑問を感じたことがあまりないのはそのおかげでしょう。

そう思うとやっぱり、「動物よりまず人間」という人が圧倒的に多いなか、動物サイドに立ち何ができるのかを、もっと突き詰めていかないといけないな、とも思っています。

まとまらないままですが、いったんここで終わりますね。


私の instagram ↓


ins_icon.gif


パフィーズの instagram ↓

ins_icon.gif


CLICK! ↓

Black Swish-white logo (Copy).jpg



nice!(202)  コメント(2) 

どうぶつとの暮らし 気をつけてあげたいこと [Natural care]

6月ですね。

なんですが、5月の月ちゃんとの旅の写真、記録のためにこちらにあげておこうかな。と思います。


IMG-5098 (Copy).JPG


毎年、「一人と一匹の旅」をする私と月ちゃん。

主な目的は、月ちゃんに、たまには私の注意がぜんぶ「all about Tsuki 」(全部月ちゃんのため)という時間を過ごさせてあげたいのがひとつ。

そして、この時間は、私にとっても自分が今どんなことを考えどこに向かいたいのかを見つめなおす時間、でもあります。


IMG-5175 (Copy).JPG



IMG-5144 (Copy).JPG


月ちゃんだけと過ごす、つまり言語を介さないこの濃密な時間によって、なんだか自分の皮が玉ねぎを煮込んだ時のように一枚一枚剥けていき、本来の自分というものがまた少し見えてくるような気がするのです。


IMG-5224 (Copy).JPG



言葉とか、理論とか、自意識とか、そういうところで生きていない動物と一緒に時間を過ごしてもらうことで、人間本来の野生というのも、ちょっぴり取り戻せるのでしょうか。

そう考えるとやはり、犬という種は本当に素晴らしい能力と適応力を持っています。


IMG-5101 (Copy).JPG


聴力・嗅覚の方が発達していて、きっと全く違う次元で世界を見ていると思うのですが、人間という種をこれだけ理解し心を通わせることもできたり。

もしかしたら、人間以外の種の方が、そういう能力が高かったりするのかもしれない、と最近思ったりしています。

私たちの住む地球、そして私たちの身体や心も、まだまだ本当はわからないことの方が多いことを、知らない人が多すぎるのが今の問題なのだろうなあと思います。

先日行ったとある会でも、CSRの専門家がたくさん集まって、IoTやブロックチェーンがこれからは大切という話で盛り上がっていました。

自然の状態についてもっと知ることを後回しにして、環境問題はテクノロジーが解決するだろうという考えは、人間の繰り返してきた愚かな歴史だと思うのですが。

そして、温暖化や炭素の問題はしきりと議論がありますが、生物種の絶滅や生息地破壊という同じくらい深刻な問題は、なぜかあまり人気がないw

でも現に、種の絶滅は加速化していて(IPBSの最近の発表)、100万もの種が絶滅の危機に瀕しているという研究結果が出ています。

生態系を、地球のシステムを支えている生物種がいなくなっても、テクノロジーの発展などで人間は生存していけると考えている人もいるようですが...(「新人世」主義の一派)。

私はまだ、「自分は知らない」という自覚はありますよw それは、月ちゃんや三ちゃんという「小宇宙」を見ていも感じます。

彼らから学べることって、すごくたくさんあるのにな。


月ちゃんと頂上で食べたお昼 ↓

IMG-5188 (Copy).JPG


美味しかったなあ~。これぞしあわせ。


この充電があり、その後続いた講演の仕事を乗り切りました。


IMG_4895 (Copy).JPG


人に何かを伝える仕事というのは、本人の状態というのは大切なんだなと思う今日このごろ。

やっぱり、疲れていたりネガティブな人の話というのは心に入ってきませんよね。

なので、充電も仕事のうちかなってw



さてさて、梅雨入りした月ちゃん地方、これからは、「虫・蒸し」との闘いw

暑いのはまだいいとして、虫さされや湿気との闘いの中、どうやって楽しみを見つけようかと苦労する時期です。

この時期気をつけてあげたいこと。それは、ノミダニ除けをできるだけナチュラルに、ということ。

ペットと暮らす皆さんはご存知と思いますが、いわゆる「ポチ」っとするやつも、食べたり飲んだりするタイプも、基本は駆虫剤。

それよりも予防して、できるだけつかないようにしてあげたい、と私は毎年ここでも書いています。

わが家の場合は当然ながら(Mike さんが開発しているので!)、このハーブのサプリの向かって右側「アスタミア」 ↓


IMG_9705 (Copy).JPG



月ちゃんは幸い、ずっとこれでほぼノミダニ知らず。虫の嫌がる成分がたっぷりのアスタミアをこの時期は増量します。

アスタミア開発前、アメリカにいたころには一度ついてしまって私に大移動という惨事もありましたが(笑)。

月ちゃんは白いから特別やりやすいのかなあと思っていたけれど、使ってくださっている方々も、インスタグラムなどにノミダニ除けはこれ、と紹介してくださっています。

よく言う、「個体が弱るとノミダニがつく」ということと、関係するのでしょうね。つまり、身体全体の健康が、関係しているということではないかなあ。

そして、キャンプとか森林ウォークとか、ノミダニが多そうなところに行く前には、ガーリックペーストをプラスします(作り方はこちら)。


Garlic_Recipe2-400x250.jpg



アスタミアは万能ですし、ガーリックも抗菌作用など強く、身体の健康維持も兼ねることができるのがこの予防策のいいところ。

さらにさらに今年は、ノミダニ除けの「虫よけビスケット」も販売しています(こちら)。

おやつあげながら、同時に健康づくり&虫よけなんて、理想ではないですか。


オーガニック虫除けビスケット-パッケージ-1 (Copy).jpg



私の instagram ↓


ins_icon.gif


パフィーズの instagram ↓

ins_icon.gif


CLICK! ↓

Black Swish-white logo (Copy).jpg






nice!(277)  コメント(5) 
共通テーマ:ペット
前の3件 | -

保護犬「月ちゃん」と、保護猫「三ちゃん」の、ナチュラルライフのブログです。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。